TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-11-Fri-15-00

ひとり、いちギャグ

おとつい、行政発行のパンフレット編集の仕事で「京都市動物園」を取材した。

京都市動物園は地下鉄東西線「蹴上(けあげ)」駅から徒歩わずか3分という、地域密着な駅前テーマパーク。

動物園というより、動物もいる公園。
園内は高さ12メートルしかない日本で二番目に古いチープな観覧車が、ゆうらりくるくる。
ZOOラシア的アドベンチャー感こそ微塵も望めないが、ご近所の人が弁当を広げてくつろぐにはもってこいの、ロハス系動物園だ。

ちなみに「蹴上」駅の駅長に、このたびゴリラが就任した。
飼育員さんが先ごろ赤ちゃんを産んだゴリラのことを「彼女はね」と語るのがよかったな。

いま京都は水族館オープンの話題で持ちきりだが、そんなのんびり動物園だって負けてはいない。
このたびトラやライオンなどを至近距離で観察できる「もうじゅうワールド」がオープンし、ご近所のちびっこ大喜びだ。

ライオンと - コピー


動物園のさまざまな取り組みなどをうかがい、最後に〆のつもりで、僕はちょっとどうかと思う質問をしてしまった。

「飼育員の皆さんは、やっぱり、動物がお好きなんですよね」

すると飼育員さんから、意外すぎる答えを返してきた。

「いえ、飼育員に動物好きは、2割しかいません」

…………。

……沈黙とともに室内に緊張感が走る。
あんなに和気藹々とした雰囲気が、凍りついた。

僕はやはり、よけいなことを訊いてしまったんだろうか。
飼育員とはいえ、行政の役員。
好きとか、そういうんじゃない。
仕事なんだ。

うかつな質問で気分を害させてしまったかもしれない。

どう謝ろうか考えあぐねていたその時、飼育員さんがこう、二の句を継げた。

「飼育員に動物好きは、2割。あと3割は動物マニア、残る5割は動物バカです」

ドッ!

は~、ほっとした。
そして、ほわあっと安堵の笑いが起きた。

たぶんこれ“飼育員ギャグ”なんだろうな。
これまで何万回も同じ質問を受け、そのつどハズさなかった鉄板なのだろう。

僕はこういう「その仕事をしている人にしか言えないギャグ」のセメント感が好きだ。
そういう「業界別 鉄板ギャグ」を一冊の本に集められないだろうか、とさえ。

僕の妻はバスガイドをしているが、観光バス業界にもこのような「ひとり、いちギャグ」あるんだそう。

たとえば添乗員さんなら「休憩所では、お飲み物は飲み放題、そして……払い放題でございます」というギャグが、必笑必殺。
まちがいなく観光客にウケるのだという。

妻も兵庫県をガイドする際、「こちらが女優・藤原紀香さんの結婚式がとりおこなわれました生田神社でございます、ちなみに、藤原紀香さんとわたくし、同い年でございます」というと、ドっと湧くという。

妻は「なにもそこだけそこまでウケんでも」と、ちょっぴり不服なようだ。
関連記事
スポンサーサイト
2012-05-10-Thu-23-52

5月22日(火)イラストレーター小田島等さんとトークショー&UST配信をします

5月22日(火)、大阪の本町にて夜8時から1時間、イラストレーター、デザイナーの小田島等さんと無料のトークイベントを開催します。

また、この模様をユーストリームにて配信し、ご自宅や外出先のパソコン、スマホでもトークの様子をご覧になれます(視聴も、もちろん無料です)。



毎回、多彩なゲストをお招きしてキワドいトークを繰り広げるユーストリーム公開番組『吉村智樹のチャンネル4C(よん・しー)』
第14回目を5月22日、夜8時から1時間、配信します。

▼当日こちらから視聴できます。
http://www.ustream.tv/channel/channnel4c
過去13回配信分の動画も、このアドレスでご覧いただけます。
ちなみに前回のゲストは竹内義和さんと女性カルト芸人の石野桜子さんでした。
こちらもお時間のあるおりに、楽しんでください。
画像をクリックすると動画が再生されます。

そして今回のゲストは、サニーデイ・サービスのCDジャケットや角田光代、やまだないとらの書籍のデザインワークなどなど&などなどで知られるイラストレーターの小田島等さん。

小田島さんの創作の原点である80年代のポップカルチャーについて、うかがってみたいと思います。
皆さんもぜひ会場で、あるいはユーストリームにてご自宅や外出先で、柔和でユーモラスな小田島さんのゆったりトークにひたってみてください。

日時は5月22日(火)夜8時~。
(お店は午後5時からオープンしております)

配信場所は地下鉄四つ橋線&各線『本町』駅24番出口をあがったところにあるソフトバンク公認「ユーストリームスタジオカフェ大阪」。
http://www.its-mo.com/c/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%82%AB/GRM_TBLOG,27059631/
駅から徒歩3分。
とても近いですよ。
3分以上かかっている場合は、行きすぎています。

特に「予約・申込み」の必要はありません。
ふらりとおいでください。

なおトークは無料なのですが、カフェでの開催ですので、コーヒー代などは実費となります。
あらかじめご了承くださいね。

▼開催概要

日時

2012年05月22日 火曜日 午後8時~

開催場所

大阪 地下鉄四つ橋線「本町」駅24番出口徒歩3分
ソフトバンク公認「ユーストリームスタジオカフェ大阪」

住所は大阪市西区西本町1-12-7 西本町木津ビル1F
お店の電話番号は06-4395-5567
関連記事
2012-05-07-Mon-16-48

吉村智樹 プロフィール

吉村智樹 よしむら・ともき

職業放送作家、フリーランスライター

吉村智樹(花房観音撮影)


2012年、長く暮らした大阪から京都市へ移転。

「街歩き」「食べ歩き」「路上観察」「タウン・ウオッチング」「看板と商業文化」「菓子」を得意ジャンルとしている。
そしてこの分野に関する著書、プロデュース書を多数上梓している。

また街の情報をお届けするテレビ・ラジオなど放送媒体にも構成やコメンテーターとして数多く携わっている。

商店街の魅力を伝えるべく、日々「商店街浴」を提唱。
『朝日新聞』などに商店街の魅力を伝える記事を寄稿している。

現在の主な仕事 テレビ

●新たな一歩を踏み出す近畿の若き職人・作家に密着するドキュメンタリー『LIFE ~夢のカタチ~』(朝日放送)

●在阪アイドルによる情報番組『ピーチcafe』(読売テレビ)

●街歩き情報番組『週末おでかけバラエティ やすとも・忠志のひるきん』(テレビ大阪)*2014年9月終了

現在の主な仕事 ラジオ

●大阪芸術大学出身の著名な方を招いてのトーク番組『大阪芸大スカイキャンパス』(ラジオ大阪)

現在の主な仕事 WEB

●ぴあの情報ポータルサイト『ウレぴあ総研』に執筆。

現在の主な仕事 京都関連

●京都ごみ減量推進会議発行の季一定期刊行物『こごみ日和』に撮影・執筆で参加。

著書

最新*『ジワジワ来る関西』(扶桑社)
最新*『恐怖電視台 本当にあった業界の怖い話 芸能界編』(竹書房)

『VOWやもん!』(宝島社)
『VOWやねん』(宝島社)
『VOWでんがな』(宝島社)
『ビックリ仰天! 食べ歩きの旅』(鹿砦社)
『まぬけもの中毒』(鹿砦社)
『吉村智樹の街がいさがし』(オークラ出版)
『女優魂』(ゴマブックス)

共著

『DISCナウ! Vs. レコードやくざ』(ジャングルライフ/共著)
『大阪路線バスの旅』(トラベルジャーナル/共著)
『京都路線バスの旅』(トラベルジャーナル/共著)
『浪花のおもろい商人たち』(遊タイム出版/共著)
『大阪の逆襲!』『ウラ関西で遊ぼう!』(宝島社/共著)
『ワンダータウンKANSAI』(ぴあ/編集)
『関西デートマニュアル』(JTB/編集)
『大阪で遊ぼ♪』(JTB/編集)

これまでの実績

ラジオ大阪『ラジパティオ堺』にて2年間パーソナリティをつとめる。

FM大阪の早朝音楽番組のディスクジョッキーを4年間務める。

『大阪ほんわかテレビ』『明石家電視台』『テレビのツボ』など関西発の情報番組、バラエティ番組の構成に長く携わる。

週刊『SPA!』にて、大阪の飲食店を紹介する連載を執筆。

産経新聞にて関西人の生活習慣に関する連載を執筆。

全国のユニークな看板写真投稿を集めた携帯電話サイト『VOW!』の編集主幹を3年間務める。

大阪デザイン団体連合が主催する野外広告フェスティバルにて講演。

「都市とインターネット」をテーマに、マッキントッシュ社主催の「Macエキスポ」にて講演。

『TVライフ』『スポーツニッポン』にて関西のローカル番組批評を連載。

故・中島らも氏とともに、『オリーブ』誌にて関西コラムを連載。

『フロムエー』にて関西の秘境探訪の連載を執筆。

その他

『週刊文春』『週刊現代』『週刊ポスト』『京阪神Lマガジン』『Meets』
『大阪新聞』『週刊宝島』『朝日中学生新聞』『週刊金曜日』『週刊アスキー』
『日経デジタルARENA』『サンケイスポーツ』『ダ・ヴィンチ』
『大阪古書月報』『ミュージックマガジン』『スポーツニッポン』『OP+(大阪府枚方市の情報誌)』などなど多数に執筆。
2012-05-07-Mon-16-33

タコって、アヒル口やね

ゴールデンウイーク。
合同ハイキングに出かける大学生サークルで大賑わいの路面電車、叡山電鉄。
新入生であろう女子大生たちのひとりが、車窓から見えたタコ焼き屋のテント看板のイラストを見て、こんなことをつぶやいた。

「タコって、アヒル口やね」

言いたいことは果てしなくあるが、まずひとつ。
「違う」
彼女がアヒル口だと言ったタコのあの「ちゅう」なパーツは、移動のためにふいごの要領で海水を吐き出しジェット水流を起こす漏斗(ろうと)という器官。
アヒル口であるかないか以前に、人間でいうところの口とは言い難い。

ただ、女子たちが流行りの「アヒル口」を周囲から愛されるためにそうしているのであるならば(実はなんであんな口元ツりそうなことやってんのか、よく知らない)、タコからそれを連想したのは、決して的外れでもないのだ。
なぜならタコは、ひたむきに愛に生き、愛に命を捧げる哀・戦士なのだから。

タコは魚介類のなかでも特に短命で、たったの1年、長くても1年半で死んでしまう。
そして死ぬのはたいていセックスをしたあと。

タコは一夫一婦制で、オスは一匹のメス、メスは一匹のオスとしか性交しない。
ひとたび恋に落ちると、オスがリードするように二匹仲良く腕を組んで泳ぎ、岩陰を見つけてそこで最初で最後の、処女と童貞どうしのセックスをする。

そうして激しく一夜の契を結び合ったあと、オスは精が尽き果てて死んでしまう。
メスはオスの精子を胎内に受け入れたあと深海に潜り、産卵。
卵を生むと力尽き、真っ白に変色し、身体もぺったらぺたらこに痩せ衰えて息をひきとる。
よく白くてふにゃふにゃしたタコのなきがらが網にひっかかることがあるそうだが、あれは産卵を終えたママさんタコなのだという。

さらにオスは一匹のメスをめぐり、恋敵と激しい死闘を繰り広げることもある。惚れたら最後、ユーキャンストップ。
命がけだ。

とりわけ愛の業が深いのが「カイダコ」という品種。
カイダコは、セックスを終えるとオスが自らのペニスを切り落とし、メスの胎内に残してゆく。
まるで結婚指輪を渡して永遠の愛を誓うように。
まさかオスがそんなことをするとは思われていなかったので、メスのカイダコの胎内から見つかる突起物は最近まで寄生虫だと思われていたらしい。

そんなふうにタコの研究は進んでいるが、それでも子供電話相談室にかかってきそうな「なぜ太い腕が8本もあるのか」「なぜあんなに強力な吸盤がついているのか」というもっとも手前の疑問は、未だに解明されていないのだという。

でも僕にはわかる気がする。

太い腕が8本もあるのは、愛した妻や夫の心と身体をしっかり深く強く抱き尽くすため、愛し尽くすため、いたわり尽くすため、のハズだ。

セックスとはすなわち、メスとオスがひとつの球体になろうとする尊貴な行為である。
タコが交歓している姿は「つるみだこ」と呼ばれ、あたかもひとつの球が海中に浮かんでいるように見えるという。
一個のボールになってしまうほど艶めかしく、そしてがっしりと絡みつくには、太くたくましい腕が多数必要。
また吸盤があるのは、身体全体をキスすることが大事だったからだろう。

そんなわけで残念ながらアヒル口ではなかったわけだが、そもそもアヒル自体がよくよく見ると、まったくアヒル口じゃない。

あと、京都に学生間の合同ハイキングの文化がいまだ根強く残っていることにちょっと驚いた。
まだあるんや、合ハイ。
そしてアヒル口の話をしていた学生たちは、貴船口へと向かっていった。

だからなんなん。
関連記事
2012-05-06-Sun-13-17

メイドと血

男には、いつか越えなければならない関門がある。
艱難辛苦の荒波を乗り越え、茨の道を掻き分けてでも、辿り着かねばならないステージがある。
僕にとってそれは、メイド喫茶だった。

英国の使用人の衣装を身にまとった女子が「お帰りなたい。ご主人たま」と舌足らずな口調で出迎えてくれるメイド喫茶。
このメイド喫茶のブームがピークに達したのが2005年。
往時の秋葉原は、全国からメイド喫茶を詣でる人々で賑わう観光地と化し、長蛇のつがいなみの行列ができるほど狂乱の様相を呈していた。
「お帰りなさい」
「いえ、東京、初めて来ました」
こんな不毛な会話がどれほど交わされただろう。
知らんけど。

貴婦人との階級格差を可視化したメイドファッションに特に愛らしさを感じられず、どちらかと言えば女性にかしずきたいタイプなので(唐突なカミングアウトでごめん)、男たちがメイド喫茶にとろける心理がわからなかった。
だが往時、東京に住んでいた僕は、もうわからないでは済まされなくなっていた。
ことライターの世界では、メイド喫茶未踏者など、いつまでもデニムのことをジーパンと呼ぶほどに役立たずだったのだ。

やっと腹をくくれたのは、ブームが円熟期を迎えた2006年の冬。
メイド喫茶、首を洗って待ってろ!
前日から水垢離をして気合を入れた。
しかしながらひとりで行く勇気がどうしても湧かず、ルポ漫画を得意としていた熟女イラストレーターさんとOLさん、ふたりの女史にお願いをし、男1女子2の三人奴体勢で臨んだ。

店名は忘れたが、きゃりーだか、ぱみゅぱみゅだか、なんかそんな、はぁとふるなネーミングの店。
聞きしに勝るとはこのこと。
ビルの外、道路にまで連なる大行列。
寒風吹きすさぶなか、1時間はゆうに待つことに。
ラーメン屋でも並んだことがないのに、喫茶店の行列に加わったのは初めてだ。
そうしてやっとあと数組で入店ができる番となり、扉を見れば、そこには……残酷な掲示が。

リサーチを怠った僕が悪かった。
メイド喫茶には、当然、メイドさんがいるのだと思っていたのだ。
しかしその日は月に一度の「妹day」だと書かれている。

妹のコスプレ?
興味ない興味ない!
妹って普通、家でジャージ着てだらだらしてるんとちゃうん。
全員ジャージかスエット?
ケツとかボリボリ掻いてんのか?
そしてドアを開けると、誰か知らん人の妹が「おかえりなさい、おにーたま、おねーたま」と出迎えてくれた。
おにーたまって、お前は小松政夫か。
寒風にさらされつつ一時間キープし続けたモチベがダダさがりに落ちていった。

結局その日は『ましゅまろ(はあと)ここぁ』なる、ココアの表面に溶けたマシュマロが浮かぶ、見た目に臓六の奇病みたいなもんを飲んで帰ってきただけだった。

メイドさんには会えずじまい。
もともと40代以上のおねーたましか興味が湧かない僕。
メイド喫茶の神から「お前には、まだ早い」と告げられた気がする。
誰やねん、メイド喫茶の神。

あれから6年。
きのう、京橋のコンコースに「メイド献血」の女子が立っていた。

献血女子


さすがに驚いた。
どこかの大学のサークルが、若者の献血への意識を高めようと、メイドに扮してキャンペーンをしているのだとか。
そうやって献血をする若者が増えるなら、けっこうなことだ。
なんら批判するいわれはない。

ただ、ストリートに立つメイドさんが、かわいさのアイコンというより、現在の格差のを象徴する存在としてそこにいる気がして、かなしい気持ちがよぎった。
メイドはやっぱり喫茶に限る。
たぶん。
関連記事
2012-05-06-Sun-10-05

どうやら僕は、猫を飼っているらしい。

どうやら僕は、猫を飼っているらしい。

生まれて初めて屋根のある家に住んで2か月が経った。
これまで団地、アパート、マンション、公園のベンチでしか暮らしたことがなく、46年間、ひとつ屋根の下という感覚を知らずに過ごしてきた(公園のベンチは、東京で一週間ホームレスをしていたときの住居)。

そしてやっと手に入れた「俺の屋根」。
どうやらそこに、猫が棲んでいるらしいのだ。

夜が深みを増した頃、天井の上から、ととと、かさっこそっ、という複数の生き物の足音がしたかと思うと、淫らな鳴き声で盛大にサカリまくる。
これがまた、見事に女子の猫なで声にそっくり。
そりゃ猫なんだから、とはいえ。
事情を知らない近所の人が聞いたら、うちのナイトライフがよっぽど充実していると思われるじゃないか(妻よ、ふがいなくてごめん……)。

もともと上の階に住まう誰かの足音を聞いて生きてきたので、頭上に別のご家庭があることは気にはならないし、むしろ落ち着く。
ただ、足音と鳴き声は聞いているが、肝心の姿が見受けられない。
人んちの屋根を根城にしているんなら、ひとこと挨拶くらいあってもよさそうなものだが。

そんなことを考えていたきのう、玄関の前にピーマンがひとつ落ちていた。
家賃を払ってくれたのかもしれない。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。