TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-28-Fri-14-47

明日03月01日(土)の『LIFE 夢のカタチ』(朝日放送 朝9時30分~)は僕の担当回です。スパイシーなカレーがお好きな方はぜひご覧ください。



明日03月01日(土)の『LIFE 夢のカタチ』(朝日放送 朝9時30分~)は僕の担当回です。

明日は、ほんっっとにおいしい「カレー」を手作りする女性店主の物語をお届けします。

欧風カレー、インドカレーに継ぐ“第三のカレー”と呼ばれるムーブメント「大阪スパイスカレー」の急先鋒となる、女性店主の人気店に密着しました。

この番組では取材対象者のさまざまな苦心・苦悩に密着することが多いのですが、今回は屈指の、とびきりのスパイシーなピンチに見舞われます。
いったいどうなるのか。

ぜひぜひ、ぜひご覧ください。

▼番組サイト
http://asahi.co.jp/life/

☆★☆★

カレー激戦区で頭角を現したフードクリエイター!

「curry bar nidomi」 店長・フードクリエイタ―
aroaさん


140301.jpg


いま関西に、新たなカレーのムーブメントが起きています。
欧風カレーでもない、インドカレーでもない、大阪で独自に発展を遂げたオリジナリティ溢れるカレー、その名も「大阪スパイスカレー」。

そして「大阪スパイスカレー」の聖地として注目されるのが“裏谷四”と呼ばれるエリア。
なんと若手シェフたちが開いたカレー店が20店もひしめく激戦区!

そのなかでも特にカレー好きたちの舌をうならせているのが「curry bar nidomi」。
女性店長のaroaさんは仕入れ、仕込み、調理と、カレー作りのすべてをたったひとりで行っています。

140301_s.jpg


aroaさんは以前は美容師でしたが、勤めていたお店が閉店する事をきっかけに興味のあった料理の道へ。
「ビルボードライブ大阪」の料理人として、フレンチの創作料理を作り、一方では各地のイベントのケータリングをするなど「フードクリエイター」として頭角をあらわしました。

ある時ふと食べたフレッシュでスパイシーなカレーに感動し、それからはカレー作りを研究。
30歳を機にビルボードライブ大阪を独り立ちし、2011年にカフェバー「nidomi」をオープン。
昨年4月にはバーのカクテルのように「お客さんごとの好みに合わせて、1から作るスパイスカレー」というフードクリエイターならではのカレー店「curry bar nidomi」としてリニューアルオープンしました。

そんなaroaさん、次にステップアップをしたいという思いから、3月からスリランカへカレー修業をしに行くことに。

しかし!

出発を控えたある日いつもの香辛料の仕入れ先が閉店すると連絡が入り、お店の味の決め手となるスパイスが手に入らなくなるとういう事態に。
スリランカへ行く前にこの問題を解決するため、新たなスパイスを手に入れベースを作ります。
はたして「nidomi」の味になるのでしょうか?

スパイスの調合に苦心したカレー。
裏谷四の仲間が集まり試食してもらう事に。
結果は……。

そしてスリランカへと旅立つaoraさん。
夢のツヅキは?
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-28-Fri-14-19

02月27日(木)の日記 中学生たちの青春

02月27日(木)の日記

進学校として有名な、とある高校へ。
受験合格者インタビューの仕事。

取材ののち即入稿というタイトロープなスケジュールだが、このスリル、けっこう好きだ。

合格した者もいれば、不合格の者ももちろんいる。
嬉々として取材を受ける合格者の背中越しに見えるのは、土砂降りのなか、肩を竦め、足早へ駅へと向かう不合格者たちの背中。

おそらく人生初の「オフィシャルな挫折」を味わったであろう中学生たちの姿を見て、闘っていない人間などいないんだなと改めて思った次第。

関連記事
2014-02-26-Wed-08-50

02月25日(火)の日記 才能より大事なもの

02月25日(火)の日記

●『こごみ日和』入稿。

●朝日放送『LIFE』会議。

文才のある人がおもしろい文章を書いて、「才能があるから」と評価される。

こんなに予定調和でつまらないことが、あるだろうか。

「才能がない」と陰で嗤われている女性作家がいる。

彼女はいつもあがいている。
そんな彼女の「いつか這いあがってやる」という旨のツイートを深夜に読み、感動してしまった。

あがくことで、作品が面白い作家より、生き方が面白い作家にどんどん変わっていっている。
本業では報われないかもしれないけれど、彼女はいつか、誰も足を踏み入れたことがないオリジナルな世界にきっと辿り着けると思う。
関連記事
2014-02-22-Sat-18-21

02月21日(金)の日記 静かな一日。

02月21日(金)の日記

●朝日放送「LIFE」会議提出用レジュメを作成。

●よみうりテレビ「ピーチ流!」会議提出用レジュメを作成。

静かな一日。
関連記事
2014-02-21-Fri-20-29

02月 20日(木)の日記  トボけた人形を観に行く

02月 20日(木)の日記

●E社へ企画書を発送。

担当者(になる予定の方)からは「ほぼほぼ通る」と言われているが、これまで9:1で通ると言われていた企画がポシャる人生だったので、信じていません。

*案の定、翌日現時点で何の連絡もなし。

●「おおらかべ新聞」入稿。

●出町柳のカフェ「ラテリエ」にて開催されている、フェルト作家の河田まゆみさんの作品展を観に行く。

とぼけた味わい。
いいですね~。

DSCN7768.jpg


DSCN7769.jpg

DSCN7772.jpg

DSCN7773.jpg


DSCN7770.jpg

DSCN7767.jpg


DSCN7771.jpg


それにしても、こんなフェミニンなカフェが、餃子の王将の2階にあるなんて信じられない。
関連記事
2014-02-20-Thu-22-13

02月19日(水)の日記 レトロな洋菓子店を取材。

02月 19日(水)の日記

春に出る「ぴあMOOK」の仕事で京阪「光善寺」駅へ。

駅前のケーキ屋さん「コンフェクト ナカジマ」を取材。

DSCN7738.jpg


昭和43年の創業当時からあるという「パウリス」は、厚めのエクレア皮にプリン、バナナ、マロンクリーム、生クリームという、子供の大好物だけが積載オーバー気味に詰められた夢のような洋菓子。

DSCN7741.jpg


「パウリス」という名は先代がつけたもので「意味はない。語感だけ」とのこと。

こちらも昭和43年からあるイチゴケーキ「ニューフレーズ」。

DSCN7760.jpg


スポンジ部分に焦げ目がつくほどしっかり香ばしく焼いて、中央部分が盛り上がっているのが昭和スタイル。

「ニューフレーズ」という名も意味はないそうです。

それにしても、どれも懐かしさを感じさせるデザインとネーミングで、おいしそう。


DSCN7763.jpg


DSCN7766.jpg
関連記事
2014-02-20-Thu-00-04

02月18日(火)の日記 レトロな商店街でイベントをやります。

02月18日(火)の日記

●大阪・中之島へ。

朝日放送『LIFE 夢のカタチ』会議。

●京都へ戻り、DJ:NUま~ちんくんの車で西院へ。

レトロムードこれでもかな「西新道錦会商店街」にある「ボクスンカフェ/VOXXN CAFÉ」にて打ち合わせ。

もともと喫茶店だった物件だそうで、サ店時代の重厚なレンガ造りと、カフェインテリアがうまく融合した、ちょっとよそにはない雰囲気の、よかお店。

DSCN7733.jpg


ご縁をいただき、3月28日(金)の夜、こちらの「ボクスンカフェ/VOXXN CAFÉ」で「吉村智樹の街がいさがし 京都編」というおもしろ風景写真上映&トークショーを開かせていただくこととなった。

入場料は、たった500円!
お料理がおいしいお店なので、この日だけのオリジナルメニューもお出しします。

お店の内装、並びに、お店がある商店街自体が異次元感覚で歩けるので、ぜひ遊びにいらしてください。
関連記事
2014-02-18-Tue-21-28

02月17日(月)日記 月曜日はシックシック

02月17日(月)日記

大阪・京橋へ。

よみうりテレビ『ピーチ流!』会議。

京都へ戻り、明日提出のロケ台本。

どうにも眠く、アイデアがなかなかまとまらず、集中力もばらけがち。
だのに厳然と存在するタイムリミット。
今夜は一睡もできないな。

帰宅した妻が明るく話しかけてくれたのに、ちょうどくさくさしていて、つっけんどんに対応してしまう。

きっと気に障っただろう。
申し訳ない。
普段は明朗快活な性格で上機嫌なのだが、毎週月曜日の夜だけはどうしても鬱屈してしまう。
関連記事
2014-02-17-Mon-23-07

02月16日(日)の日記 京都のとある日曜日

02月 16日(日)の日記

朝日放送『LIFE』会議提出用レジュメを書く。

京都大学そばの喫茶店『進々堂』へ。
京都マラソンの沿道にあるため、窓際席は観戦の特等席。
『進々堂』の自家製食パンによるバタートーストは、しみじみおいしい。
噛みしめるたびに、生地からうまみがにじみ出る。
2枚で240円という安価もありがたい。
京都の古い喫茶店は、ブラックコーヒーを頼んでも角砂糖がついてくる場合が多い。
はじめから砂糖が入っていることもある。
昔はコーヒーは基本的に砂糖を入れて飲むものであり、ブラックとは「ミルク抜き」という意味だったんだろうなな。

出町柳のトランスポップギャラリーへ、「ヨシカワショウゴ」個展を観に行ってきた。
襲いくる膨大な笑顔、笑顔、笑顔。
笑顔って、人間が少しだけ狂ってしまった状態の可視化であるということが改めてよくわかった。
http://www.trancepop.jp/

元田中のギャラリーカフェ「ニア」へ、田中雅文展「あつまり」を観に行ってきた。
陶器同士がトランスフォーマーのようにつながって、意志をもってうねっているよう。
まずもってこれが「陶芸」であることに驚かされる
http://blow-works.com/near.top.html

夜は銭湯『しののめ湯』へ。
脱衣場でひとりのおっさんがオリンピック中継のカーリングを見ながら「これ、さっきからなにしてんの?」と言っていた。



関連記事
2014-02-16-Sun-17-01

02月 15日(土)日記 気持ちよく仕事をしましょうよ。お互いに。

02月 15日(土)日記

●急きょ電話で呼び出され、大阪のとある場所へ。

いま注目の某店を取材。

いろいろあって詳細は書けないが、先方はとても驚いており、取材には消極的であり、こちらもそれをわかっていながら無理強いするという事態。

いったいなんのことだかさっぱりわからない日記ですみません。

しかしまあ、非常事態とはいえ原因の多くはこちらにあるわけだから、こちらはこちらどうしで少しは気を配りあうべきなのでは、と。

もごもご。

関連記事
2014-02-15-Sat-22-57

02月14日(金)日記 バレンタインデーはお寿司で。

02月14日(金)日記

「おおらかべ新聞」の取材で大阪・門真市へ。

京阪「大和田」駅から歩いて10分ほどの住宅地にぽつんとあるお寿司屋さん。

DSCN7710.jpg


このお店、実はお寿司でケーキを作ってくれるのだ。
さらに野菜の彫刻をトッピングしてもらえるサービスもあり、外観の地味さに反比例して遊び心に溢れている。


1512369_708646405842612_903428491_n.jpg

DSC02444.jpg

バイク



関連記事
2014-02-13-Thu-19-47

02月12日(水)の日記 テレフォン・ショッキング!

02月12日(水)の日記

●烏丸御池へ。

京都・滋賀の女性向け情報誌『Leaf』の編集部を初訪問。
3月に開催される同誌のイベントのお手伝いをすることに。

無事に決まってなによりなによりと気分よく家へ戻ったら、あるショックな電話が。

すでにロケがスタートしていたネタが、ある理不尽なクレームにより突如ボツに!

たった電話一本で、5万円の仕事が消えてしまった……。

関連記事
2014-02-12-Wed-02-37

02月11日(火・祝)の日記 少しずつ

02月11日(火・祝)の日記

●今月末に竹書房から出る「怪・百物語」のゲラチェック。

百物語のうち十物語を書いております。

●中之島へ。

朝日放送『LIFE』会議。

●京都へ戻り、出町柳のロッテリアへ。

初対面のま~ちんさんと打ち合わせ。

京都・西院のとあるカフェで路上観察のイベントをやらないか、というお誘い。

ありがたい。
ありがたく拝聴する。

家に帰ってそのカフェを検索したら、がっつりとおしゃれで、しかも広くてビックリ。
こういう明るいお店ではやったことがないので、楽しみ。
実現するといいな。

そして少しずつでも、京都に足跡を残してゆきたい。

関連記事
2014-02-11-Tue-23-42

関西の「住まい」にまつわるクリエイターのインタビューを始めました。


新しいお仕事のお知らせです。

全国の賃貸マンション情報ポータルサイト「HEYAZINE」にて、関西で「住まい」にまつわるユニークな活動を行っているクリエイターにインタビューをさせていただけることになりました。
http://heyazine.com/

スクリーンショット (4)


関西編の第一回目は、畳で楽器を作り、バンド演奏まで行い、畳の普及につとめる京都の「西脇畳敷物店」です。

およそ150年続く老舗の一大改革をぜひお読みください。
http://heyazine.com/article/interview_nishiwaki_tatami


img001 - コピー

img003 - コピー

img004 - コピー

img016 - コピー


関連記事
2014-02-11-Tue-22-43

02月10日(月)の日記 やっぱり折れていた

02月10日(月)の日記

●京橋へ。

よみうりテレビ『ピーチ流!』会議。

●京都へ戻り、下鴨の整形外科へ。

大雪が降った日あたりから、寝返りすら打てないほど身体の左半身に痛みをおぼえるようになり、これはもうダメだと、診てもらうことにした。

レントゲンを撮ってもらい、画像を見ると、笑ってしまうほどキレーに肋骨がポッキリ折れてた。
そりゃ痛いはずだ。

原因がわかって安心したが、骨折しているとわかったとたん、今まで以上に痛みを感じるようになった。

逆プラシーボ効果と言うか、なんというか。

関連記事
2014-02-10-Mon-04-38

02 09日(日)の日記 ひどくなるばかり

02 09日(日)の日記

先月半ばから体調を崩してしまい咳がとまらず、さらに銭湯で転倒した際に強打した肋骨の痛みが日増しにひどくなり、ついには外出できないほどになってしまった。

もっと早く医者へ行っておくんだった。

新しく始めたブログもメルマガも放置状態。
早くこんな這って暮らすような日々から抜け出し、今年計画していたような毎日を送りたい。

●朝日放送『LIFE』会議提出用レジュメを書いて入稿。

●よみうりテレビ『ピーチ流!』会議提出用レジュメを書いて入稿。
関連記事
2014-02-05-Wed-19-30

02月 03月~04火の日記 いろいろすみません

02 03月~04火

今年から新しいことを始めようと思い、そのためにそこそこ大きな出費もしたものの、スタートしたとたんに体調を崩したり打撲で寝込んだり。

1月に入ってから現在まで心身ともにすぐれず、特に1月後半から咳がひどくて、仕事以外はなにもできない状態。
メルマガなども休んだまま。

悔しいなあ。
早く身体をなおして、来週からはやりたいこと、滞っていることを始めたい。

02 03月

●よみうりテレビにて『ピーチ流!』会議。

●家に帰って朝日放送『LIFE』ロケ台本と会議提出用レジュメを書く。
 朝までかかる。

02 04火

●朝日放送にて『LIFE』会議。

●家に帰って『LIFE』ロケ台本リライト。


▼オートパーキング。
DSC05333.jpg


関連記事
2014-02-03-Mon-07-26

02月02日(日)の日記 怪談を書く

140202 日

銭湯でこけて、あばら骨を強打した。
風邪もひどくなってきて、咳をするたびに、あばらが痛い。

竹書房から発売される、怪談が100話載っている文庫本に参加。
ショート怪談を10話、書かせていただく。

一編1200ワードもない超超短編なんだけど、なかなか難しくって、丸2日かかってしまった。


▼そろそろ麺やチャーシューと交替してあげてください。
DSCN4800.jpg

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。