TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-10-30-Thu-16-42

色物文具専門サイト「イロブン」主宰者きだてたくさんの笑える珍品文具コレクションが大爆発。11月9日の日曜日「駄目な文房具談義 SUPER」@なんば紅鶴というトークイベントに出演します。


11月9日の日曜日「駄目な文房具談義 SUPER」というトークイベントに出演します。

これは色物文具専門サイト【イロブン】の主宰者で、 駄文具・駄目雑貨・ぼんくらファッション・無駄ガジェット その他「“駄”モノ合わせて十段」という、きだてたくさんの新刊『愛しき駄文具』(飛鳥新社)発売記念トークライブ

713UeWe7e3L.jpg

不便で、ぼんくらで、見てるだけで「モヤッ」とする珍品文具コレクションを、ムダに美麗な写真とツッコミ解説で紹介した話題の新刊『愛しき駄文具』。

このイベントでは、新刊の上梓を記念し、始めから終わりまで、とにかく変な文房具が腹いっぱいお見せします。
さらに、相撲を愛する女芸人・杉岡みどり秘蔵の「珍相撲グッズ」vs関西の路上を知り尽くしたライター吉村智樹の「路上珍物件」vsイロモノ文具ライターきだてたくの「珍文具」プレゼンバトルも勃発!?
今夜いちばんウケるのはどれだ?


僕は駄文具を探しに名古屋の問屋街をさまよったリポートなどをお届けする予定です。

日時 11/9(日)
start / 19:00 /
料金 ¥1,800-(1drink別)

出演 / きだてたく(イロブンライター)
416PED7GD0L_20141030163031632.jpg

吉村智樹(放送作家)
吉村智樹

杉岡みどり(芸人)
杉岡みどり


会場 なんば紅鶴
http://benitsuru.net/archives/7940
『なんば紅鶴』は、大阪/千日前にそびえるサブカルチャーの楼閣『レジャービル味園』内の、トークライブや各種イベント・上映会などに適したイベントスペースです。
観るも良し、演るも良し。
関西のサブカルを語る上では欠かせない存在を目指して、日々、「本気でくだらない事」を全力で応援しております。


場所
〒542-0074
大阪府 大阪市 中央区 千日前 2-3-9 レジャービル味園 2F
map_201410301630344ef.jpg

アクセス
南海なんば駅より南海通り東へ180m、各線日本橋駅より120m
同ビル内に駐車場完備。
parking_2014103016303663b.jpg

▼くわしくはこちら「レジャービル味園」
http://www.universe-misono.co.jp/
▼同ビル内に駐車場完備
http://www.universe-misono.co.jp/parking.html

連絡先
TEL/090-1910-0893 代表:柏木弘康

予約は↓マデ
namba_hakugei999@yahoo.co.jp
タイトルに「11/9駄目文具」と書き、本文に氏名(カタカナ)、メールアドレス、チケットの枚数をご入力下さい。
※パソコンからの返信メールをもって予約完了となります。
パソコンからのメールを受け取れるアドレスからお申し込みください。
関連記事
スポンサーサイト
2014-10-30-Thu-16-38

色物文具専門サイト「イロブン」主宰者きだてたくさんの笑える珍品文具コレクションが大爆発。11月9日の日曜日「駄目な文房具談義 SUPER」@なんば紅鶴というトークイベントに出演します。



11月9日の日曜日「駄目な文房具談義 SUPER」というトークイベントに出演します。

これは色物文具専門サイト【イロブン】の主宰者で、 駄文具・駄目雑貨・ぼんくらファッション・無駄ガジェット その他「“駄”モノ合わせて十段」という、きだてたくさんの新刊『愛しき駄文具』(飛鳥新社)発売記念トークライブ

713UeWe7e3L.jpg

不便で、ぼんくらで、見てるだけで「モヤッ」とする珍品文具コレクションを、ムダに美麗な写真とツッコミ解説で紹介した話題の新刊『愛しき駄文具』。

このイベントでは、新刊の上梓を記念し、始めから終わりまで、とにかく変な文房具が腹いっぱいお見せします。
さらに、相撲を愛する女芸人・杉岡みどり秘蔵の「珍相撲グッズ」vs関西の路上を知り尽くしたライター吉村智樹の「路上珍物件」vsイロモノ文具ライターきだてたくの「珍文具」プレゼンバトルも勃発!?
今夜いちばんウケるのはどれだ?


僕は駄文具を探しに名古屋の問屋街をさまよったリポートなどをお届けする予定です。

日時 11/9(日)
start / 19:00 /
料金 ¥1,800-(1drink別)

出演 / きだてたく(イロブンライター)
416PED7GD0L_20141030163031632.jpg

吉村智樹(放送作家)
吉村智樹

杉岡みどり(芸人)
杉岡みどり


会場 なんば紅鶴
http://benitsuru.net/archives/7940
『なんば紅鶴』は、大阪/千日前にそびえるサブカルチャーの楼閣『レジャービル味園』内の、トークライブや各種イベント・上映会などに適したイベントスペースです。
観るも良し、演るも良し。
関西のサブカルを語る上では欠かせない存在を目指して、日々、「本気でくだらない事」を全力で応援しております。


場所
〒542-0074
大阪府 大阪市 中央区 千日前 2-3-9 レジャービル味園 2F
map_201410301630344ef.jpg

アクセス
南海なんば駅より南海通り東へ180m、各線日本橋駅より120m
同ビル内に駐車場完備。
parking_2014103016303663b.jpg

▼くわしくはこちら「レジャービル味園」
http://www.universe-misono.co.jp/
▼同ビル内に駐車場完備
http://www.universe-misono.co.jp/parking.html

連絡先
TEL/090-1910-0893 代表:柏木弘康

予約は↓マデ
namba_hakugei999@yahoo.co.jp
タイトルに「11/9駄目文具」と書き、本文に氏名(カタカナ)、メールアドレス、チケットの枚数をご入力下さい。
※パソコンからの返信メールをもって予約完了となります。
パソコンからのメールを受け取れるアドレスからお申し込みください。
関連記事
2014-10-26-Sun-01-12

「大垣書店 京都ヨドバシ店」にてサイン会の打ち合わせをしてきました。

DSCN0362.jpg

扶桑社の方とともに、京都駅近くにある「大垣書店 京都ヨドバシ店」へ、打ち合わせに行ってきました。

実は、うまれて初めて書店でサイン会をすることになったのです

「サイン会って、誰の?」
僕のです!

11月25日(火)、稀代の天才ブックメーカー石黒謙吾さんプロデュースのもと、扶桑社から『ジワジワ来る関西(WEST)』という新刊を出すことになりました。

ジワジワ来る関西書影

これは僕がこれまで撮り集め、路上観察イベントで上映してきた画像のなかから、およそ460点を選り抜いた“オール関西”の街の珍看板・珍風景集。

そして無謀にも「大垣書店 京都ヨドバシ店」にて先行発売サイン会を挙行することとなったのです。

とはいえ、僕のサインを欲しいと思う人などジャストゼロでしょうから、本を買ってくださった方に向けて、会場にて1時間の「関西おもしろ看板上映会(京都ネタ多め&単行本未収録ネタてんこ盛り)」をさせていただきます。
入場無料です!
まだ詳しい日にちや時間などは発表できないのですが、25日(火)より手前であることは間違いないので、そのおりは、どうぞよろしくお願いいたします。

書店でサイン会をすることになって、打ち合わせをして、初めて知ったことも多々。
一か月以上も前に「当日の飲み物」や「呼び方(呼ばれ方)」まで決めるんですね。
「先生と呼ばなきゃいけない人」や逆に「先生と呼ぶと怒る人」がいるので、そうしているようです。
もし「呼び捨てにしてほしい」とお願いしたら、書店員さんは本当に呼び捨てにしてくれるのでしょうか?
もし人生2度目のサイン会があったら、そのときは試してみましょう。
一回目は、無難にいかせていただきます。
関連記事
2014-10-11-Sat-13-40

『ミーツ・リージョナル』11月号「ウラなんば大特集」号にて、珍スポ寄りのお店をいくつか取材・執筆させていただきました。


発売されたばかりの関西の情報誌『ミーツ・リージョナル』11月号は、25周年(!)記念の「ウラなんば大特集」号。
この記念すべき11月号に、5ページも書かせていただきました。
DSCN9723.jpg

ありがたいことです。

僕は大阪のなかでももっともアツい街として注目を集める「ウラなんば」の、特にサブカル係数・珍スポ度の高いスポットを取材・執筆させていただいております。

取材したお店は、

●レコード喫茶 グラフィティ(ここはマジでスゴイ!)
P9100293.jpg

●なんば白鯨(関西でもっとも先鋭的なお笑いを鑑賞できるシアターバー)
●紅鶴(サブカルに特化したトークライブハウス)

●カフェビア あるか→アるか(地下でミニ四駆で遊べるビアバル)
P9100316.jpg

●ASOBIBA(屋内型サバイバルゲームフィールド)
DSCN9592.jpg

●パニックラビット84カフェ(ポールダンスを鑑賞できるちょいお色気パブ)
DSCN9620.jpg

●つるとんたん和朗亭(店内で若手のネタを観ることができるうどん屋)
DSCN9605.jpg

あと、掲載はできませんでしたが、大阪調理士・養成会がやっている喫茶店「珈琲マイウエイ」もかなりの激シヴ店でした。
P9100258.jpg

そして肝心のこの11月号はウラなんばを完全攻略できるとてつもない情報量です。
ぜひお手に取ってみて、のけぞってくださいね。
そしてテレビ番組の関係者なら、会議で必ず必要となる一冊です。
制作経費でお買い求めください。

さて、「ミーツ・リージョナル」から原稿依頼があったのが、なんと22年ぶり!
22年も無視しやがっ……いえいえ、栄えある機会に思いだしていただけて感謝感涙です。
タイトなスケジュールでしたが締切も守りましたよ。

雑誌など紙媒体のお仕事もガシガシやっていきますので、媒体各位、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
2014-10-09-Thu-17-07

このたび、本を出しました。


このたび、本を出しました。

恐怖電視台(竹書房文庫)

恐怖電視台


放送作家、コラムニストである吉村智樹が緻密な取材を敢行し、心霊・怪奇・狂気を炙りだした異色の実話怪談集。

忙しいアイドルが楽屋で見せた狂気の顔「歌姫様のご乱心」。

某有名劇団に所属していた元女優が語ったおぞましい確執「代わりはいくらでもいる」。

とある現場での壊れたAD(アシスタント・ディレクター)「指つめろ」。

視聴率という数字に翻弄されるタレントの悲劇「視聴率という呪縛」。

元番組制作会社の社長が語った往年の大女優の引き際「亡霊サプライズ出演」など全15編を収録。

魑魅魍魎が跋扈する芸能界地獄絵図―モニターの向こう側か、それともこちら側なのか。
いや、どちらも逃げ場はないのか?

4か月に渡って取材をして書き下ろした、身の毛もよだつ、言わば“業界サイコホラー”。
ぜひ手に取ってみてください。

税込価格:691円
http://kyofu.takeshobo.co.jp/index
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。