TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-04-22-Fri-23-23

4月21日(木)日記「石黒謙吾さん、本って、どうやったら出せるんですか? ~カリスマ編集者に訊く出版界の昨日・今日・明日~」@大阪ロフトプラスワンウエスト

昨夜は足元のお悪いなか大阪ロフトプラスワンウエストにて開催いたしました「石黒謙吾さん、本って、どうやったら出せるんですか? ~カリスマ編集者に訊く出版界の昨日・今日・明日~」にご来場くださいまして、まことにありがとうございます。

おそらくロフトプラスワンウエスト史上もっとも地味な「出版・編集」というテーマ。
かつ、外出を阻むいやがらせのような大雨。
忙しい時間を割いて来阪してくださる石黒さんに恥をかかせる動員になるかも……と胃が痛くて仕方がなかったのですが、結果は超満員!
ありがとうございます(感涙)。

当日券で来られた方が多かったのは、話題のドラマ『重版出来‼』のおかげで編集という仕事と、その世界で生きるクリエイターたちの人間ドラマに興味をいだかれたからかもしれません。

企画プレゼン大会も盛り上がりました。
なんと2名の「石黒謙吾プロデュースお持ち帰り案件」が出ました。
しかもおふたりともプロの物書きではないお勤めの方。

まずおひとりがゲーム会社勤務の男性の「お弁当アート」。
客席からも感嘆の声が湧きあがりました。

おふたりめは小学校の女性教師による「落語がいじめを救った話」。
プレゼンの段階にもかかわらず客席ではもう泣いている女性が。

そうして続々と登場する名企画や珍企画にうならされっぱなし。
プレゼンテーターの職業も老舗の名旅館の女将から「無職」まで幅広く、「みんないい企画もってんだなー」と感心。
会場は熱気に包まれました。

版元が見つかって、うまく単行本化にまで話が進むといいですね。
ご武運をお祈りしております。

お越しくださったプロのライターの女性が帰り際に「焦りました」と言ってくださったのが嬉しかった。
そう、関西の状況を変えたかったんです。
他ジャンルの方々の猛攻を受けてプロのライター、プロのクリエイターたちがみんな焦る、そんな関西になれば、きっと面白いと思うんです。


P4210119 - コピー

P4210068 - コピー

P4210069 - コピー

P4210074 - コピー

P4210105 - コピー

P4210125 - コピー

P4210116 - コピー

P4210087 - コピー

P4210094 - コピー
関連記事
スポンサーサイト
2016-04-18-Mon-23-47

4月17日(日)の日記


Twitterで5万リツイート(!)を記録したあの話題の「ロリータ包丁」と「ゴスロリ包丁」の実物を拝見させていただきました。
P4171996 - コピー

P4171995 - コピー

P4171993 - コピー

三木市と高砂市の、次代を担う播州職人が共同で作ったこの包丁、日本古来より受け継がれる工芸のすごさ+ダークファンタジーがまさに「研ぎ」すまされていました。

「ロリータ包丁」「ゴスロリ包丁」の柄の 部分を作った「匠工芸@タクミアーマリー」の折井匠さんと少しお話もできました。

P4172020 - コピー

包丁の試作品ができるまでになんと14か月もかかったのだそう。
それほど、職人たちが気合を入れて作った美術工芸品です。

ちなみにこの包丁、本気の播州三木打刃物なので野菜がすいすいすぱすぱ切れて、これもすごい。

伝統工芸とオタクカルチャーが結実した「ロリータ包丁」「ゴスロリ包丁」ともに4月29日(金祝)まで大阪大丸心斎橋店南館3F「マンガカルチャー」に展示されています。
関連記事
2016-04-10-Sun-03-04

4月9日(土)の日記

P4091157 - コピー

4月9日(土)

生配信番組「おちゅーん!」に出演させていただきました。
放送作家というちゃんとした肩書で扱っていただける番組は珍しいし(涙)、「ニコ生」というものに配信されるのも初めて。
貴重で楽しい時間を過ごさせていただきました。

ご視聴くださいました皆様、スタッフの皆様、出演者の皆様、ありがとうございます。

それにしてもパネラーの美人DJラミーさんとの身長差が……(涙)。

スクリーンショット (281) - コピー

配信番組と聞いて、実はもっとこじんまりしたスタジオかと思っていたのです。
が、地上波でも十分使える広さで、ちゃんとしたD卓があり、照明も天井からしっかりしつらえられ、カメラも3台、作家さんもふたりついていて、配信の世界はいまこんなことになっているのかと驚きました。
関西にもこういう新しいメディアがもっとたくさん増えるといいですよね。

そしてトークテーマがお笑い界の今後を占う内容だったので、僕が常日頃から思っている「スマートホンの時代になって世の中が縦長ディバイスを手放せないでいるのに、いつまでもテレビにならって横に長いサイズで配信しなければならない理由はない。そもそも人間は縦に長い生き物なのだから、演芸にとってこの時代は追い風のはず。漫才や落語やピン芸はスマホに向いているコンテンツであり、スマホと同じ縦長画角で配信をはじめたほうがいい」という話をしました。
関連記事
2016-04-09-Sat-16-52

今夜4月9日(土)22時00分から「おちゅーん!」という生配信番組に出演します。テーマは「さぁ、どうすんだい? 松竹芸能」。もちろんアクセス無料。全国どこからでもご覧いただけます。詳細は→

12973232_728107490625673_80144971317544278_o.jpg

今夜4月9日(土)22時00分から「おちゅーん!」という生配信番組に出演します。
出演は松原タニシ、Bugって花井、ラミー、かみじょうたけし、代走みつくに、天然もろこし、僕。
テーマは「さぁ、どうすんだい? 松竹芸能」

関西…イヤ、日本お笑い界における「龍と虎」の一角『大・松竹芸能』。
しかし…いつからか世俗で囁かれ始めたヒソヒソ話は…
「Y本…じゃない方の」「地味〜な方の」…
嗚呼、かつての金看板はネガティヴカラーにベタ塗りされたまま甘んじ続けるのだろうか…ううん!
そんなの嫌だョ!
だから今回は・・・松竹芸能の「ココ、どうなってんの?」「結局、アレを直さなアカン!」を所属芸人自らが、自分達の〝未来〟を賭けて語り合います!

更に今回は放送作家・吉村智樹氏が初参戦!
長年に渡り関西お笑い界を内側から見つめ続けた男が、慎ましやかに直言か。

日本お笑い界の潮流は、ココから変わるかも…の60分。

さぁ、どうする?どうなる?松竹芸能!


もちろんアクセス無料。
全国どこからでもご覧いただけます。

★ニコ生&USTREAMで同時配信
<ニコニコ生放送>
http://com.nicovideo.jp/community/co2865048

<USTREAM>
http://www.ustream.tv/channel/otune-live1

▼Twitterのコメントも年中募集中
ハッシュタク:‪#‎otune_live‬

▼詳細
https://www.facebook.com/otuneosaka/?fref=nf
関連記事
2016-04-08-Fri-14-25

明日4月9日(土)午前11時放送『LIFE 夢のカタチ』(ABC)はりんくうタウンにある「キッシュがおいしい」と評判のカフェ、泉州食材の魅力を伝えようと奮闘する女性オーナーシェフに密着です!


Cfe_hD-WEAEma0c.jpg

明日4月9日(土)午前11時~放送『LIFE 夢のカタチ』(ABC)は僕の構成担当回です。

泉佐野りんくうタウンにある「キッシュがおいしい」と評判のカフェ、泉州食材の魅力を伝えようと奮闘する女性オーナーシェフに密着です!

おいしそうなものがこれでもかと登場いたしますので、お昼どき前にぜひ目でお召し上がりください。

▼番組公式ウエブサイト
http://asahi.co.jp/life/
関連記事
2016-04-07-Thu-19-19

4月21日(木)大阪ロフトプラスワンウエストにてベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ話題の本を続々と生みだし続ける黒謙吾さんをお招きし、本作りの楽しさについてのトークイベントを開きます。

1458911594 - コピー

4月21日の木曜日、大阪ミナミ宗右衛門町「ロフトプラスワンウエスト」にて、映画化もされた大ベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、話題の本を続々と生みだし続けるカリスマ出版クリエイター石黒謙吾さんをお招きし、本づくりにまつわるトークイベントを開きます。

石黒さんのこれまでの著書やプロデュースしてこられた本をひもときながら実践的な本づくりの方法論、編集術を訊きだします。

題して
「石黒謙吾さん、本って、どうやったら出せるんですか?」
~カリスマ編集者に訊く出版界の昨日・今日・明日~

ベストセラー作家であり、話題の本を続々と生みだす編集者である石黒謙吾さん。最近では犬山紙子さんを見つけだした人としても知られています。
スクリーンショット (270) - コピー

これまでプロデュース・編集した書籍は『ジワジワ来る○○』(片岡K)『氣志團現象』(綾小路翔)『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)『負け美女』(犬山紙子)『ザ・マン盆栽』『読む餃子』(共にパラダイス山元)『ネコの吸い方』(坂本美雨)『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』(ナカムラクニオ)『凄い!ジオラマ』(情景師アラーキー)『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』(石黒由紀子)『おいしいご当地スーパーマーケット』(森井ユカ)などなど210冊以上!

驚異的なスピードでボーダレスに本を生みだし続ける石黒謙吾さんに、本はどのようにして生まれるのか、なぜ石黒さんが作る本には注目が集まるのか、その秘密に迫ります。
トークの場所が大阪なのをいいことに、東京では語れない「ここだけの話」も訊きだします。

【出演】
石黒謙吾(著述家・編集者・分類王)
【聞き手】
吉村智樹(放送作家)

「本が好きだ」
「将来は出版の世界で仕事がしたい」
「ライターになりたい」
「いつか自分が著者になってみたい」
「すでに編集や執筆に携わる仕事をしているが、いまいる状況をもっと面白くしたい」
という方には、そして他業種の方にも、きっとヒントが散りばめられる一夜になるはずです。

▼詳細
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/43328

4月21日(木曜日)
会場:Loft PlusOne West(ロフトプラスワンウエスト)
場所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町2−3 美松ビル3F
最寄駅:なんば駅、日本橋駅、長堀橋駅
アクセスMAP: http://bit.ly/1qmhB4N

OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥2,000 / 当日¥2,300(共に飲食代別)*要1オーダー500円以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約にて発売中!
※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
イープラス:
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002184379P0030001
電話→06-6211-5592(16時~24時)


地図をクリックすると拡大します
LPOW_map_20140906104409595_20160407191244ca0.jpg
関連記事
2016-04-07-Thu-00-13

4月5日(火)の日記


4月5日(火)
中之島へ。
朝日放送『LIFE 夢のカタチ』会議。
終わって、いつもメルマガの編集をお願いしているイラストレーターのせろりあんさんの元へ、たこ焼きを持ってお詫びに行きました。
またまた3か月近く休刊してしまっていること。
その間どうしようという話もできなかったこと。
体制の立て直しなど打ち合わせ。

自分で起ち上げたメディアなのに今年に入ってことごとくやるやる詐欺と言われても仕方がない状況に陥っており、ちょっとカツを入れないといけません。
関連記事
2016-04-06-Wed-23-52

4月12日(火)午後7時から放送の「オトナの社会科見学」。 「 千年の都・京都の春2016 十代続く老舗をたずねて」(BS朝日)を構成しました。


main.jpg

4月12日(火)午後7時から放送の「オトナの社会科見学」。
「 千年の都・京都の春2016 十代続く老舗をたずねて」(BS朝日)を構成しました。
ナビゲーターは元プロ野球選手・古田敦也さん。

京都で10代以上続く老舗のお店や流派、3軒に密着。
その日常を追いながら、長きにわたり続いてきた秘訣を探ります。

予告動画もございますので、ぜひ番組公式ウエブページをご覧ください。
http://www.bs-asahi.co.jp/otonano_syakaika/

この春は、同時期にBS 11とBS朝日の午後7時からの番組の構成をさせていただくという、かつてない光栄にあずかりました。
全国ネットのゴールデンタイムを立て続けに2本やれるって、もう思い残すことないわ。
やめるんかい!
いえいえ、やめませんよ。
僕にはしぶとさしかないので。
これからも頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
2016-04-02-Sat-16-50

明日4月3日(日)夜7時~BS11(全国ネット)とKBS京都で同時生放送する「京都 夜桜 生中継 春らんまんの醍醐寺から」の構成をしました。ぜひご覧ください。

スクリーンショット (37)

花見のシーズンでどこも人出でいっぱいですよね。
ならばテレビでゆっくりくつろぎながら夜桜見物はいかがですか?
明日4月3日(日)夜7時~BS11(全国ネット)とKBS京都で同時生放送する「京都 夜桜 生中継 春らんまんの醍醐寺から」の構成をしました。

四季を通して、人々の心を魅了する街・京都。
春・桜の季節の美しさは格別です。
そこで豊臣秀吉ゆかりの醍醐寺からの生中継。
趣深い京都の桜の映像とともにさまざまなジャンルの話題をお届けします。

「伝説の“醍醐の花見”は何がすごかった?」
「京都の老舗料亭の料理人が挑む“太閤秀吉のお花見弁当!?”」
「明治・近代化の情熱が遺した謎の名建築とは?」
「宇宙を旅した桜??」などなど。

出演は別所哲也さん、水野真紀さん、越前家俵太:改め俵越山さん、などなど。
生放送で俵太さん!
はじまったらもうコントロールできないのでドキドキです
いろんな意味で春らんまんの京都を余すところなくお楽しみください。
http://www.bs11.jp/special/5957/
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。