TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-25-Sun-10-50

元・喫茶店の

できるかぎり毎日、カメラと三脚をコロコロカートに押し込んで、街をさまよっております。
(最近、暑さでバテてさぼっておりますが)。

先日は大阪の交野市、私市(きさいち)へ。

ここには、つぶれた駅前喫茶店を自らの手で改装し、私設の「科学館」を作ってしまった女性がいます

DSC08300 - コピー


ワンコインで、カウンター越しに、さまざまなサイエンスマジックを見せてくれます
元喫茶店なので、コーヒーを飲みながら。

この女性は元小学校教師。
60歳を機に小学校を退職する際、教え子たちから「先生の理科の授業は本当に楽しかった。学校をやめても理科の授業は続けてほしい」と言われ、ならばと5年前に私設ミュージアムを開きました。

店も手作り、展示も手作り
展示品の素材のほとんどがペットボトルや牛乳パックなどの生活ごみや、100円ショップで買った安価なもの。
分子や原子構造を説明するあのややこしい模型すら、手芸店で買った小さな発泡スチロール球を材料にして自分で作ったというから驚き。

なかには「自分はわけあって小学校の教育をまともに受けられなかった。こうして理科の授業を受けられて嬉しい」と、わざわざ羽曳野市からやってくるおばあさんもいるとか。

館内は、ほとんど文化祭、学園祭さながらの手作り感でいっぱい
大阪市立科学館とは比較するのも残酷なチープな設備ですが、楽しさはひけを取りません。

しかし。
決して人通りが多いとは言えないローカルな私市駅にこんなお宝物件が眠っているのですから、関西全駅周辺、全バス停周辺、全国道周辺、ていねいに洗っていかなきゃいけませんね。

関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。