TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-27-Fri-22-38

明日9月28日(土)の『LIFE 夢のカタチ』(朝日放送 朝9時30分~)は絶品の「そばカフェ」に密着。

明日9月28日(土)の『LIFE 夢のカタチ』(朝日放送 朝9時30分~)は僕の担当回です。

自ら「そば」を自ら栽培し、そばの新しい楽しみ方を提案する女性カフェオーナーの挑戦に密着。
そば粉のクレープ「ガレット」や、よそでは見たことも聞いたこともない“そばスイーツ”の数々、どれも絶品です。

「そばと言えば麺」という考えに縛られていると、もったいない。
おいしいものがお好きな方、ぜひご覧ください。

▼番組サイト
http://asahi.co.jp/life/

☆★☆★

京都、烏丸五條に、築およそ100年に及ぶ古民家建物をリノベーションした町家カフェがあります。

その名は、さまざまな“そばメニュー”を提供する「SOBA Cafe.さらざん」。

なかでも人気を集めているのは「ガレット」と呼ばれる、そば粉を使ったクレープ。
こちらではなんと40種類ものガレットを楽しむことができます。

8752946.jpg

5036101.jpg

ちなみに「さらざん」とは、フランス語でそばのこと。
フランスのおふくろの味とえる定番メニューから、この店オリジナルの、冷たいビールによく合うピリ辛ガレットも。

3680229_orig.jpg

では、なぜ「そば」なのか。

こちらの若き女性オーナーは大学時代に援農ボランティアの活動をしており、そこで日本の農村の衰退を目の当たりにしました。

「何とかしたい」という想いがつのるなか、彼女はそば畑と出会います。

そばの作物としての強さと、食材としての可能性を感じ、
「日本人がそばを麺以外にも食べるようになって需要が高まれば、自分にも農業を盛り上げる手助けができるかもしれない」
「かおりがよく、香ばしく、甘みと苦みを備える優秀な食材であるそばを、もっといろんな料理に使ってもらえるようになれば日本の食卓は変わる」と、学生と社会人とともに「チームそば」を結成し、そばの栽培活動を本格的にはじめました。

そしてチームそばは、現在のそばカフェへと継承されていったのです。

そんな彼女に大きな転機が訪れました。
かねてから「国産のそばを洋菓子にしたい」と考えていた夢が、そばの産地である京都の京北町で実るめどがついたのです。

この地で本格的にお菓子を作る工房を発足することになり、オープンにむけ、よそにはないそばスイーツの試作を重ねます。
しかしグルテンを生成しないそばは、そう簡単には洋菓子に姿を変えてはくれませんでした……。

刻一刻と迫るオープン日。
果たして新たなそばスイーツは完成するのでしょうか?

*実は全編撮影終了後、さらにとんでもない波乱(←文字どおり)がこの京北町のスイーツ工房を襲ったのですが、それは番組をご覧になった後で、同店のホームページでの事後報告をお読みください。
関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。