TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-30-Wed-20-01

11月6日(水)天津木村の「エロ詩吟」復活イベントにゲスト出演します。


11月6日(水)

かつて一世を風靡した天津木村の「エロ詩吟」復活イベントにゲスト出演することになりました。

「♪舐めてて〜え〜え〜えええええ〜」など卑猥な言葉から始まる「エロ詩吟」。
漫才コンビ天津の木村くんの当たり芸です。
(“天津木村”というピン芸人だと勘違いしている人もいる)。

しかし、フレーズ系の芸は入れ替わりが激しく、右から左へ受け流す人たちとともに、彼もまた傍流へと押しやられていったのです。

そんな彼が、再ブレイクに挑む大勝負イベントをくわだてました
ひとりの男が人生をかけた貴重な瞬間に立ち会わせていただけるとは光栄です。

▼以下、主催者の仲谷暢之さんからいただいた紹介文です。

天津の木村卓寛(キムタク)と言えば、ほんの数年前、「吟じます!」「あると思います!」という決め言葉で、詩吟という鞭聲粛々夜河を過る(べんせい、しゅくしゅくよるかわをわたる〜〜)なジャンルにエロスという一石を投じ、その話題と絶賛と波紋を呼んだ芸人。

そんな彼が、もう一度、ちゃんとリアルエロ詩吟に向き合いたいということで、一緒にイベントを11月6日の水曜日、行うことになりました

題して

『エロ詩吟ともう一回向きあって、色んなジャンルのひとに聞いてもらうLIVE』

エレクトリカルアクター・沢村一樹に一目置かれ、ユーミンに支持され、食事会に招かれるようになったものの、テレビのルールブックでは、エロ詩吟がめんつゆなら10倍希釈だ!くらいエロスは薄まりソフトエクレア〜並の、あまエロに…。

そのあまエロは、本人が一番わかっていた……。

再び原点に戻り、「詩吟とエロスのケミストリーを聞いてくれ!」とばかり、さまざまなジャンルのゲストを迎えて、どエロい詩吟を連打します。

ゲストにはミュージシャン代表、『冬色カラー』でお馴染み、スムルースのヴォーカリスト、徳田憲司さん、

女子代表、リポーターなどで活躍している小塚舞子さん、

中年代表、路上観察家、放送作家の吉村智樹さん

芸人代表、藤崎マーケットの田崎くん、そ

してグイグイ代表、グイグイ大脇。


ジャンルの違うゲストとお客様を前に、安堂ロイドじゃない方の詩吟&エロイドのキムタクはどんなエロ詩吟を披露するのか。

会場は以前、エロ詩吟絶頂期に桂あやめ&林家染雀の芸者ユニット、姉様キングスのイベントにゲストで呼ばれた時、思いっきりスベッてトラウマになったという梅田・兎我野町にあるdo with cafeでリベンジ。

もう一発屋とは呼ばせない、一発やろう屋と呼ばせたいという天津・木村の初心に立ち返って吟じる、第二次成長期真っ只中のエロ詩吟!
晩秋の大阪が、エロ紅葉で真っ赤に染まります!

限定人数の貴重なライブなのでぜひ、お店にご予約を。


img_622452_37246685_0.jpg




『エロ詩吟ともう一回向きあって、色んなジャンルのひとに聞いてもらうLIVE』

開催日 11月6日(水)

出演/天津・木村

ゲスト/スムルース・徳田

   小塚舞子

   藤崎マーケット・田崎

   グイグイ大脇 

   吉村智樹




当日1500円 当日1800円 1ドリンク代別途必要

チケット予約/06-6312-1778 (16:00〜) do with cafe

開場19:00  開演19:30

場所 do with cafe(大阪市北区兎我野町923ジュラクビルB1)
URL: http://www16.ocn.ne.jp/~dowith/
関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。