TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-12-08-Sun-09-51

「しぶとい」と「しつこい」の違い

今年は、あとまわしにあとまわしにしていた「自分の仕事とはなにか」というテーマにいやでも向き合わざるをえない1年でした。

運が悪いわけではない。
「運がない」(いい運も悪い運も来ない)という“なぎ”の状態が長く続き、その間もろに正真正銘の実力のみを試された気がします。

そして結果は芳しくなく……。
試練はまだいっこうに終わる気配を見せず、来年はさらに……といった厳しい日々を送っております。

そんな暮らしの中で、仕事について、わかったこと。

それは

●「しぶとい」人であれ。「しつこい」人になるな。

ということ。

「しぶとい」と「しつこい」は似ている言葉ですが、まるで違う。

●企画が通るまで、何社でも何社でもくじけず当たってゆくのが「しぶとさ」。

●断られた会社にいつまでも食い下がるのが「しつこさ」。

前者は企画を貫徹させるためにひじょうに重要な心構え。
対して後者は、ただ迷惑。

運というのはつまりは鉱脈のことであり、掘っても掘っても、はなっからないならないという答えしかない。
それでも掘るのは、しつこいだけ。
周囲に期待させてしまうなら、掘り続けるのは罪ですらあります。

もっといい方法はないのか、もっといい場所はないのかを考え、掘る場所をずらしてゆくのが「しぶとさ」。

ここに運がないと感じたらただちに、未練に思わず、涼やかに爽やかにきれいさっぱりあきらめて、新たな鉱脈を探すことの方がずっとクリエイティブだと思うのです。
運がないとわかった場所からはできるだけ早期に撤退すること。
それは先方にとってもよいことなのです。

恋愛にたとえるなら、お断りされた恋は、そこを掘ってもなにも出てきません。
「押しの一手」なんて都市伝説。
しつこく食い下がっても相手にご迷惑なだけ。
いま流行語になっている「リベンジポルノ」なんて、押しの強さが最悪の形で表出した結果でしょう。

さっと踵を返して、未練なく「ここではないどこか」へ動いていった方がいい。
関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。