TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-14-Fri-23-10

03月13日(木)日記 禁断のテープ

03月13日(木)日記

●『LIFE 夢のカタチ』ロケ台本初稿。

●『LIFE 夢のカタチ』会議提出用レジュメ。


わたくし、初骨折ゆえ、知りませんでした。
骨折を、貼り薬で治すことができるなんて。

折れた肋骨の治療は、もっぱらこの「ロキソニンテープ」に頼っていました。

DSCN7814.jpg


ギプスができないため貼り薬しか対症方法がないのです。

はじめは意味が分からなかった。

シールを貼って、皮膚のうえから骨をつなぐって、どゆこと?
それに「ロキソニン」って、飲み薬じゃないの?
花も嵐も、皮膚も脂肪も踏み越えて、効果が骨までやってくるってこと?
どんな遠距離恋愛ですか。
 
しかも貼り薬なのに「荒れるから」と、胃薬が処方されました。
シール貼って胃が荒れるって、どないな仕組み?

疑問符だらけのなか、実際に患部の上から貼ってみると……。

「◎ ◎!!」(←目ん玉ひんむいてる様子)。

痛ガユ!
皮下に電流的なものが走り、のたうち悶絶するほどの不快感に驚きました。
これこそビックリマンシール。
シール貼っただけなのに、なんちゅう攻撃力。

ところが我慢していると次第に皮膚にじん~わぁりと沁みてゆきます。
折れた骨を直接、イイ湯加減の風呂につけているような、これまで知覚したことがない、やさし~い、いたわり感が。

いまやロキソニンテープ中毒です。
これを貼れるならあと2、3本、折ったろか、と思うほど。

ロキソニンテープ、この人間社会に似ています。
面と向かわなくとも、つなぐことができる。
遠くからでも役に立てるし、助けられもする。
反面、遠くからでも攻撃されるし、攻撃できてしまう。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://mimi33biz.blog.fc2.com/tb.php/240-35231733



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。