TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-29-Sat-14-54

3月28日(金)の日記 昨夜はありがとうございました!

3月28日(金)

昨夜は、DJのNUま~ちんくんの企画で、京都・西院の「ボクスンカフェ」にて、街のヘンな風景画像上映トークイベント『吉村智樹の街がいさがし 京都編』を開催しました。

京都のカフェでのイベントは初めて。
自分の主催ではないとはいえ「どうなるんだろう」「お客さん、本当に来るのか?」と、ずっと不安でした。

リハーサルの際も、これまで飲食店のフロアにスクリーンやプロジェクターを設置した経験がなかったもので、どうやったらお客さんから見えるのか、右往左往、右折左折の繰り返し。

しかし、いざ始まってみたらありがたいことに満席となり、動員に励んでくれた主催者に感謝するとともに、お店に迷惑をかけないですんでよかったと安堵いたしました。

お越しくださった皆様、ありがとうございます。
心より感謝したします。

前半は、イベントが目的ではない近所のおっちゃんふたりが酒を飲んでいて、ふたりの話し声が大きかったため、お客さんの集中力を欠く環境となってしまい申し訳ないです。
(途中退出してくれて助かりました)。
これは飲食店でイベントを行う際の、今後の課題ですね。

この日、お店の方にお願いし、この夜だけの特別メニューを作ってもらいました。
「街がいさがし」にちなんで「(ま)カロニ」「(ち)-ズ」「(が)-リックトースト」「(い)も→ポテト」の「ま・ち・が・い」プレート。

DSCN7950.jpg

マカロニ・チーズ・ポテトのサラダはコクがあって、じゃがいもほくほく、絶品でした。
イベント中もキッチンからガーリックトーストのよい香りが漂ってきて、たまんなかったです。
カフェでのイベントは、このようにお客さんにスペシャルなフードも楽しんでもらえるのがいいですね。

会場となった「ボクスンカフェ」は西新道錦会商店街という、いいムードに場末感・最果て感が漂うアーケード街のなかにあります。
古い喫茶店をリノベーションしたカフェで、店内には「サ店」時代の名残りも随所に見受けられます。
その哀愁を帯びたシチュエーションが、このイベントの内容に合っているなと、やってみて思いました。

これからも関西の喫茶店やカフェ、食堂などで小さな上映会を催してゆきたいです。
スクリーン、プロジェクター、パソコン持参します。
スクリーンの設置場所も、なんとなくコツをつかみました。

普段の放送作家の仕事は、お客さんの直接の声をもらいにくい。
このように、目の前でお客さんの反応がわかる機会を得ることは、自分を鍛えるためにも、大事なことだと思います。

事実、昨夜も撮りたてのド新ネタを2ファイル(画像およそ50枚分)上映しましたが、事前にちゃんと「くれて」なかったため、きっちり爽快にスベりました。
新ネタの「ここがウケないんだ」とわかるというのは、放送作家の仕事にもフィードバックする、たいへん貴重な経験であります。

次回は5月25日(日)。
音楽誌『音読(おとよみ)』の企画で、京都二条の「公○(こうえん)食堂」にて、上映とトークをさせていただきます。
豪華なゲストが多数出演するイベントですので、ぜひお越しください。
詳細はまたいずれ。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://mimi33biz.blog.fc2.com/tb.php/255-42eec7e3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。