TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-07-Mon-05-21

04月05日(土)日記 麿赤兒、大駱駝艦、京大西部講堂

花房観音さんと京大西部講堂へ。

DSCN8165.jpg


「あんぐら」の殿堂にして、現在も運営されているのが奇跡と言える京大西部講堂。
公演で中に入るのは学生時代以来。
暗闇に憧れたあの頃に、再びどっぷりとつかった。

観に行ったのは、麿赤兒率いる舞踏集団「大駱駝艦」。
(今は大森南朋のお父さんと言った方がわかりよいか)

DSCN8166.jpg

DSCN8170.jpg



70歳になる麿が京大西部講堂で踊るのは37年ぶりとのこと。

舞台には、かつて京大西部講堂で数々の伝説的なライブを敢行したイベントプロデューサーであり、現在はパワフルなタッチの画家として名高い木村英輝の美術作品が威風堂々と掲げられている。

荒ぶる原色に挑む麿の肉体の鍛錬の凄いこと。
動くブロンズ像のようだった。
あれが70歳の筋肉だとは。

37年ぶりとあってか、見せ場ではそちこちから「まろー!」と声がかかる。
まるで歌舞伎のよう。
“暗黒歌舞伎”として南座などでやってみては、と、しばし妄想。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://mimi33biz.blog.fc2.com/tb.php/258-4305f7fc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。