TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-09-Fri-22-48

明日05月10日(土)放送の朝日放送『LIFE 夢のカタチ』は僕の構成担当回です。 いまもっともアツいスポーツとして注目される「女子相撲」の世界に密着。 土俵に青春をかける女子大生たちのひたむきな姿を、ぜひご覧ください。

明日05月10日(土)放送の朝日放送『LIFE 夢のカタチ』は僕の構成担当回です。

いまもっともアツいスポーツとして注目される「女子相撲」の世界に密着。

土俵に青春をかける女子大生たちのひたむきな姿を、ぜひご覧ください。

☆☆☆ ☆☆☆

「女子相撲に青春を賭ける女子大生」
立命館大学 相撲部 山中未久(やまなか・みく)さん

140510.jpg

140510_s.jpg

明治33年、京都に創立した立命館大学。
この立命館大学に相撲部が誕生したのは大正6年。
学内で最初に創部されたという伝統の運動部です。

部員は現在14名。
そのうち3人は女子部員。
男女の隔てなく、ともに厳しい稽古に励んでいます。

DSCN7921.jpg

DSCN7922.jpg

DSCN7928.jpg


3年生の山中未久さんは昨年の世界大会で優勝した女子相撲界期待の選手。

静岡の焼津で生まれ、小さい頃は泣き虫。
お母さんの後をずっとついているような子どもでした。

しかし、通っている保育園で相撲に出会い、その楽しさを知った山中さんは小学校へあがるとともに地元の相撲クラブに入り本格的に学びはじめます。

中学2年生の時には全国大会で優勝するなど活躍し、高校では全日本選手権で優勝!
見事日本一に輝きました。

しかしよいことばかりではありません。
高校時代は「女子が相撲を……」と偏見の目を向けられ、学校でいじめに遭ったり、街で後ろ指をさされることも少なくなかったのだとか。
大学に入って初めはたった1人の女子部員でしたが、今では2人の後輩ができ、手加減なしのはげしい稽古に励んでいます。

そんな山中さんにとって重要な大会が近づいていました。
それは「国際女子相撲選抜堺大会」。
日本で開催される唯一の国際大会で、海外の選手も多数参加するのです。

昨年、中量級決勝でライバルの選手に敗れ、無差別級の試合では2回戦敗退と悔いの残る結果となった、鬼門ともいえるこの大会。
雪辱を果たすため、まずは中量級の優勝を目指します。
山中さんは去年の屈辱を晴らせるのでしょうか?

さらに、自分の体重の2倍はある大きな選手も挑んでくる無差別級、そして団体戦と続きます。
昨年は2回戦で散ってしまったこの団体戦。
立命館大学女子トリオ一丸となって挑みます。

果たして結果は……?
山中さんの夢のツヅキは?

『LIFE 夢のカタチ』で採りあげる、初めて格闘技。
手に汗握る怒涛の展開を見せます。
ぜひご覧ください。

▼番組サイト
http://asahi.co.jp/life/
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://mimi33biz.blog.fc2.com/tb.php/266-da22f94c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。