TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-20-Fri-21-51

ベストセラー『職業としてのAV女優』著者への公開インタビュー動画を配信しています。



「業界の低迷で、現在は日当3万円以下のこともあるAV女優の仕事。それでも自ら志願する女性は増える一方。なぜ普通の女性が普通の仕事としてカラダを売るのか? 求人誌に載らない職業案内」

大阪の本町にありますソフトバンク公認店「ユーストリームスタジオカフェ大阪」。
こちらで月に一回お届けしておりますのが、公開トーク番組『吉村智樹のチャンネル4C(よん・しー)』。

この番組の、第15回目配信のアーカイブ(配信した動画の保存)をアップしております。

→ http://www.ustream.tv/recorded/23418561

パソコン、スマホなどでご覧いただけます。
視聴は、もちろん無料。
いつでもご覧いただけます。
いつでもご覧ください。

今回のゲストは、社会派ライターの中村淳彦(なかむら・あつひこ)さん女流作家の花房観音さん

最新刊『職業としてのAV女優』(幻冬舎新書)が発売たちまちベストセラーとなり、amazonの書籍ランキング総合12位、新書部門では、なんと第1位を獲得!

▼週刊プレイボーイのWEB版に、中村さんの最新インタビューがあります。
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/07/18/12677/

5706.jpg

アダルトビデオに関する新書は、これまでにもたくさん発売されてきました。
AVは新書の世界において、さほど珍しいモチーフではありません。

ではなぜ、この本だけが突出した売り上げを記録したのでしょう。
それは「ビジネス」「経済」という観点から、クールにシーンを斬ったことにあると思います。

中村淳彦さんはこれまでライターとして数多くのAV女優、風俗嬢の取材をしてこられました。

「企画女優」と呼ばれ、個人名でセールスされない女優たちや、売春経験のある女性たちの心の深奥に迫った問題作『名前のない女たち』は大いに話題となり、映画化もされました。

そんな中村さんが、今回は個人にスポットを当てるのではなく「AV女優という職業」がどのような歴史を経て、現在どのような状況にあるのかを分析したのが、“ビジネス書”である『職業としてのAV女優』です。

目次だけでも、その冷徹な内容が伝わってきます。

序章 新人AV女優の誕生 毎年6000人
第1章 AV女優の労働条件 日当3万円
第2章 AV女優の労働市場と志望理由 倍率25倍
第3章 AV労働環境の変遷 96年のカオス
第4章 労使トラブル 損害賠償1000万円
第5章 AV女優の退職 引退後の付加価値は2倍


どのサイドにも肩入れも同情もせず、冷静に状況を明晰した、落ち着いた筆致が冴えわたる名著です。

そんな中村さんに、僕と、そしてAVに造詣が深い女流作家の花房観音さんが迫っています。

ちなみに、過去14回分のアーカイブも、
→ http://www.ustream.tv/channel/channnel4c/videos
こちらからご覧いただけます。

竹内義和さんや、イラストレーターの小田島等さんなど、けっこう出演者が豪華なので、お暇なおりにご覧くださいね。

*8月の生配信はお休みします。
関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。