TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-20-Fri-19-33

「Bar探偵」にて陰惨なゲームをやる。

2014 06 19(木)日記

●京都市ごみ減量推進会議の季刊誌『こごみ日和』に原稿を入稿。

やわらかいのから、堅いのまで、なんでも書いております。
書き物よろず承ります。
皆様、お気軽にご用命くださいませ。

●映画監督の林海象さんがオーナーをつとめる「Bar探偵」へ。

P6190152.jpg


取材を兼ね、カードゲームナイトに参加させていただく。
なかでもとりわけ「ブラックストーリーズ」という、文字通りブラックなゲームがおもしろかった。

「ブラックストーリーズ」はウミガメのスープでおなじみ「水平思考」のカードゲームで、4月に出たばかりの日本語訳バージョン。
50種類のカードには、それぞれイラスト入りの超ショートショートストーリーが書かれている。

たとえば、あるカードには「ある女性が靴を買った。その夜、彼女は死んだ」という、ただそれだけの旨だけが書かれてある。
そしてハイヒールのイラストも添えられている。
つまり彼女は、ハイヒールを買ったせいで死んだわけだ。

親は、質問に対して「はい」「いいえ」「関係ありません」の3通りしか答えない。
そのシンプルな返答をもとに参加者全員で「なぜ死んだのか」を推理してゆく。

どれも基本的にブラックジョークをもとにしたもので、なかにはそうとう後味の悪い物語もある。
これがまた幻想的なBar探偵の雰囲気にとても合っている。
最近ホラー系の仕事を請けることが多いので、とても勉強になった。

日本語版の第2弾が8月に発売されるそうなので購入しよう。

ゲームのあと、Bar探偵さんのはからいで、あるトリックを使わないと開かない隠し部屋へ入らせていただく。

P6190143.jpg

P6190149.jpg

ここは本当に探偵社として機能しており、さらに2000枚以上もの貴重な映画の「レーザーディスク」がある。
先日の「ワンピースマニアの会員制サロン」といい、こういう大人の隠れ家って、あちこちにあるものなんですね。

●家へ帰ってテレビ大阪『ひるきん』レジュメ作成。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://mimi33biz.blog.fc2.com/tb.php/281-1d6d8fb4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。