TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-02-06-Fri-13-40

2月27日の金曜日に開催。路上観察サミット「ジワジワ来る街歩きのススメ」@恵文社一乗寺店の打ち合わせ

2月27日の金曜日、京都の人気書店「恵文社」一乗寺店にて、「ジワジワ来る街歩きのススメ」というトークイベントをおこないます。

miniチラシ

これは、日ごろから独自の観点で街歩きをし、写真におさめたり、マイテーマを掘り下げている著者3人が集まり、自分が撮影した画像を上映しながらトークするという“路上観察サミット”。

ひらたく言うと「カメラを持って散歩をすると、こんなに楽しいですよ」と、おススメする会なんです。

ひとり目のゲストは、ご近所のわんこの写真集『ぼく、となりのわんこ。』の著者であり、人間社会に生きる動物たちを撮影し続けるカメラマンの佐々木まことさん。

img003_20150206133018c50.jpg

P2030157.jpg

一度見ると絶対に忘れられないイカツい風貌ですが、撮る写真は慈愛とユーモアに満ちています。

A-PROFILE-01_960.jpg

A-PROFILE-02_960.jpg

B-PET-09_960.jpg

B-PET-13_960.jpg

C-DORO-09_960.jpg

画像:佐々木まこと(C)禁転載

軒先で退屈そうにしている犬。
猫除けペットボトルのそばで得意気にカメラ目線を送る猫。
雑種、老犬、三毛猫、野良猫、犬のおっちゃん、猫のおばちゃん。
どのストリートアニマルたちも、哀愁があって、ペーソスがあって、とほほ感があって。
でもアウトローな世界を生きてきたやつらの眼光は、ギラリ鋭くて。

どれも単なる「かわいい」写真ではありません。
「俺もお前も、いろいろあったよな」と、酒を酌み交わしたくなる。
佐々木まことさんが撮る、街で生きる動物たちには、そんな年輪を感じるのです。

イベント当日は「どうしたらこんなに街の動物たちに警戒されずに写真が撮れるのか」など、プチ講座もあり。

犬や猫がお好きな方、散歩がお好きな方、カメラがお好きな方、ぜひ遊びにいらしてください。

ふたり目のゲストは、『全国飲食チェーン本店巡礼 ルーツをめぐる旅』(大和書房)の著者である、DJのBUBBLE-B(バブルビー)さん。

本店巡礼

BUBBLE-B.jpg

BUBBLE-Bさんは全国有名飲食チェーンの「本店」「一号店」ばかりを探して全国を旅しているというツワモノ。

郷土料理に目もくれず、「びっくりドンキー」の一号店を目指して北海道へ、「ロイヤルホスト」の本店を求めて福岡県へ、などなど、全国津々浦々にある「有名チェーン店 最初の一歩」の足跡を実地検分しておられます。

本店巡礼図

取材対象はファーストフードですが、取材の姿勢は決してファーストではありません。

先日、大宮にある「餃子の王将」(別称:京都王将)の一号店にて打ち合わせをし、メニューに載っていない裏メニュー「餃子よく焼き」「餃子両面焼き」「塩だれ天津飯」などを教えてもらいました。

10923644_10205812455608349_2767810821616221845_n.jpg

P2030161.jpg

「よく焼き」おいしかった!

DJのBUBBLE-Bさんの「チェーン店LOVE」は、ご自身がリミックスしたこの動画からもひしひし伝わってきます。
ぜひご覧ください。
居酒屋「やぐら茶屋」CMのサンバVer.「YAGURA SAMBA」
https://www.youtube.com/watch?v=BLmW-BPoIyQ
レッツ! 飲みにケーション!

ときに旅情を妨げる悪者のように言われ、路上観察家の多くがオミットしがちな全国有名飲食チェーンにあえてフォーカスを合わせたオリジナルな視点と情報収集力。
そして、なにより地を這う胆力におそれいるばかり。

2月27日は有名チェーン店のツボをたっぷりお訊きします。
サイゼリアの一号店にあった手書きのメニューなど、貴重な資料も満載。

サイゼリヤ

BUBBLE-Bさんのトークを聞けば、全国どこでもあるからと軽んじていたマクドナルドが、吉野屋が、餃子の王将が、サイゼリヤが、がぜん輝いて見えるようになるはずです。

イベント詳細 http://www.cottage-keibunsha.com/events/jiwajiwakansai/

チラシ_01
▲クリックすると拡大します。

そして「餃子の王将 一号店」にてBUBBLE-Bさんとの打ち合わせを終え、外へ出ると、阪急「大宮」駅のコンコースで、畳でできた楽器ばかりで演奏するファンクバンド「日本畳楽器製造」がストリートライブをやっていました。

P2030175.jpg

本職の畳屋さんなんです。
寒空に負けぬあたたかいT‐FUNK(畳ファンク)最高!
グルーヴィーな演奏に乗せて、畳のある暮らし、和を採り入れた暮らしの魅力を歌いあげています。
これぞ布教和音。
終演ギリギリに到着した僕のために一曲追加してくださったそうで、感涙。

街はおもしろいことでいっぱいです。
きょろきょろ、よそ見しながら歩きましょう。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://mimi33biz.blog.fc2.com/tb.php/320-878ef155



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。