TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-04-22-Fri-23-23

4月21日(木)日記「石黒謙吾さん、本って、どうやったら出せるんですか? ~カリスマ編集者に訊く出版界の昨日・今日・明日~」@大阪ロフトプラスワンウエスト

昨夜は足元のお悪いなか大阪ロフトプラスワンウエストにて開催いたしました「石黒謙吾さん、本って、どうやったら出せるんですか? ~カリスマ編集者に訊く出版界の昨日・今日・明日~」にご来場くださいまして、まことにありがとうございます。

おそらくロフトプラスワンウエスト史上もっとも地味な「出版・編集」というテーマ。
かつ、外出を阻むいやがらせのような大雨。
忙しい時間を割いて来阪してくださる石黒さんに恥をかかせる動員になるかも……と胃が痛くて仕方がなかったのですが、結果は超満員!
ありがとうございます(感涙)。

当日券で来られた方が多かったのは、話題のドラマ『重版出来‼』のおかげで編集という仕事と、その世界で生きるクリエイターたちの人間ドラマに興味をいだかれたからかもしれません。

企画プレゼン大会も盛り上がりました。
なんと2名の「石黒謙吾プロデュースお持ち帰り案件」が出ました。
しかもおふたりともプロの物書きではないお勤めの方。

まずおひとりがゲーム会社勤務の男性の「お弁当アート」。
客席からも感嘆の声が湧きあがりました。

おふたりめは小学校の女性教師による「落語がいじめを救った話」。
プレゼンの段階にもかかわらず客席ではもう泣いている女性が。

そうして続々と登場する名企画や珍企画にうならされっぱなし。
プレゼンテーターの職業も老舗の名旅館の女将から「無職」まで幅広く、「みんないい企画もってんだなー」と感心。
会場は熱気に包まれました。

版元が見つかって、うまく単行本化にまで話が進むといいですね。
ご武運をお祈りしております。

お越しくださったプロのライターの女性が帰り際に「焦りました」と言ってくださったのが嬉しかった。
そう、関西の状況を変えたかったんです。
他ジャンルの方々の猛攻を受けてプロのライター、プロのクリエイターたちがみんな焦る、そんな関西になれば、きっと面白いと思うんです。


P4210119 - コピー

P4210068 - コピー

P4210069 - コピー

P4210074 - コピー

P4210105 - コピー

P4210125 - コピー

P4210116 - コピー

P4210087 - コピー

P4210094 - コピー
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://mimi33biz.blog.fc2.com/tb.php/381-9a1ab420



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。