TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-11-Fri-00-17

明日1月12日(土)の『LIFE 夢のカタチ』は神戸「須磨海浜水族園」新人女性獣医の奮闘記!

明日1月12日(土)オンエアの『LIFE 夢のカタチ』(6ch 朝日放送 午前9時30分〜)は、僕の担当回。

神戸の人気スポット「須磨海浜水族園」。
ここで、たったひとりで水棲動物たちの診察にあたる、女性獣医がいます。
なんと彼女は、まだ25歳。
獣医歴わずか2年という若手なのです。

そんな彼女が、大きなウミガメの手術という重責ある仕事に挑みます。
手術は初めてという彼女。
無事、成功するのでしょうか?

新米獣医の奮闘と葛藤、そして成長する姿を2か月間に渡り密着取材しました。
ぜひご覧ください。

☆ ☆ ☆ ☆

水族館の動物たちの健康管理を担う若き女性獣医

「神戸市立須磨海浜水族館」
獣医 毛塚千穂(けづか・ちほ)さん

130112.jpg

兵庫県を代表する人気スポット神戸市立「須磨海浜水族園」。
ここで、水中や海辺に生きる動物たちの健康を担っているのが、獣医となって2年目を迎える新人、毛塚千穂さんです。

毛塚さんは小さい頃から、水族館や動物園が大好きでした。
高校生の時にはすでに獣医になることを決め、6年制の大学で勉強の後、獣医の資格を取得。
2011年4月に、この水族館へ入社しました。

入社した4日後には、なんと20年間つとめていたベテラン獣医が転職。
頼れる先輩がいないなか、水族園の動物たちの健康維持や治療を、新人の彼女が担わなくてはならなくなりました。
そこからは暗中模索の日々。
周りの飼育員たちに支えられながら、ひとりで頑張ってきました。

そうして日々、海獣の体調管理にいそしみ、今では水族園になくてはならない存在です。

獣医として責任ある立場となった毛塚さんのもとに、さらなる壁が立ちはだかります。
「ウメガメ園長」として知られている亀崎園長からの指令により、腫瘍が60カ所にも及ぶウミガメの手術という大役を任されることに……。

130112_s.jpg

執刀は初めてという彼女。
果たして、このミッションを成功させることはできるのでしょうか?
獣医としてさまざまなハードルを乗り越え、成長を続かる毛塚さんの夢のツヅキは……?

▼御用のおりはメールフォームをクリック!
http://www3.to/tomokiymail (吉村智樹事務所)
関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。