TOP(最新情報)イベントプロフィール著 書更新情報街歩きブログ日 記
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-15-Fri-00-33

2月16日(土)放送『LIFE 夢のカタチ』は「江戸時代の謎のおもちゃ」の復刻に尽力する女性研究家の挑戦に密着!



2月16日(土)オンエアの『LIFE 夢のカタチ』(6ch 朝日放送 午前9時30分~)は、僕の担当回です。

▼番組公式サイト
http://asahi.co.jp/life/

今回は、実物はもちろん紙資料すらほとんど残っていない「江戸時代のからくりおもちゃ」の仕組みを解明し、21世紀に蘇らせるべく奮闘する女性研究家に密着。
これまで仕組みが解き明かせなかった謎のおもちゃ「木登り猿」。

そして、解決の糸口は、なんと屋久島にありました。

江戸時代の人々と現代人の、時空を超えたコラボレーション。
いつもの『LIFE 夢のカタチ』とはまたひと味ちがう推理劇。
叡智の集結、江戸テクノロジーの魅力に迫る謎学の旅へと、皆さんをいざないます。

☆★☆ ☆★☆ ☆★☆

舞台は奈良県の「ならまち」。

「ならまち」は平城京の時代の通りが今もなお遺り、江戸時代の町家の面影を現代につたえる、歴史浪漫溢れる街。
そして近年は由緒ある建物をリノベーションしたカフェやおしゃれな雑貨店が増えたことで再び脚光を浴び、老若男女、さまざまな世代の観光客が行き交う人気エリアとなりました。

そんな活気づく「ならまち」に昨年、さらにおもしろい体験型ミュージアムが誕生し、注目を集めています。
それが1890年に建てられた町家を改装した無料の施設「奈良町からくりおもちゃ館」。

0000068_3.jpg

ここには、江戸時代の子供たちが遊んだ「からくりおもちゃ」のレプリカに実際に触れることができる「ハイテク民芸」体感ミュージアム。
靴を脱ぎ、座敷で遊ぶことができる和のいこい空間、いやされます。
いつも満員、大盛況。
オープンしてわずか90日で入場者数がなんと1万人を突破したというから驚き。

この「奈良町からくりおもちゃ館」で江戸時代のおもちゃを復刻し続けているのが、館長である歴史研究家の安田真紀子さん。

ひとことで「江戸時代のおもちゃの復刻」と言っても、簡単な話ではありません。
貴族が遊んだ高級な「座敷からくり」と違い、庶民の子供たちが遊んだ言わば駄玩具は、これまで芸術的にも工芸的にも価値を見出されず、研究されることなく放置されていた世界。
江戸時代のからくりおもちゃは、これまで誰も振り返らなかったお宝、レアグルーブなのです。

安田「江戸時代のおもちゃは現物も文献もほとんど残っていないので、往時に発行された書物の断片的な記述を掻き集め、推理しながら作るしかないですね」

それはそれは、気の遠くなるような作業。
そんな安田さんがいま挑もうとしているのが、あるかわいい動物のおもちゃ。

安田「猿の木のぼり人形なんですが、書物の肝心の手元の部分が切れていて、どうやって動かしたのかわからない……」

資料がほとんどないうえに、文献の肝心な部分が欠落している為、作業にいきずまる安田さん。
ヒントを得るべく、訪れた場所は、意外にも奈良県から遠く離れた屋久島。
断ち落とされた一枚の絵だけを頼りに、お猿のおもちゃの手掛かりを求め、時間を超える旅へと出ます。

安田「江戸時代のからくりおもちゃは、現代のおもちゃに勝るとも劣らない、驚きのアイデアに満ちています。日本の発想力と技術力の高さを世界に誇れる大切な文化だと思っています。復刻した江戸時代のおもちゃに触れていただくことで、改めて、日本人や日本の素晴らしさを発見してもらいたいです」

現代から江戸時代へタイムトリップ。
猿が木に登るおもちゃは、果たして完成するのでしょうか?
それとも、猿も木から落ちる、になるのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。